いんりょう

料理に適したミネラルウォーターとは

私たちの生活にかかすことできない、水。
水にはいろいろなものがあります。

一番身近にあるのは水道水ですが、コンビニやスーパーにはミネラルウォーターが販売されています。
水道水を飲み水や、料理に使うこともできるのですが、どうせ料理をつくるのならば、よりおいしく、安全な水で作りたいですよね。
こちらのミネラルウォーターサーバーのご紹介サイトも参考にご覧になってください。

そこでおすすめなのが、コンビニなどで販売されている、ミネラルウォーターです。
このミネラルウォーターにはそれぞれ種類があり、ミネラルが豊富なものと、ミネラルは豊富ではないけれど、口あたりがなめらかで、とても飲みやすいものとがあります。
料理に適しているのは、この飲みやすいほうです。
口当たりがとてもよく、また日本で多く好まれているのがこのタイプになります。

料理を作ろうと思っている方は、ぜひこの口当たりのいいほうを選んでみてください。
この種類の違いは、販売されているミネラルウォーターの成分表を見ると、すぐにわかります。
代表的なところでは、日本でも有名になったクリスタルカイザーなどです。

クリスタルカイザーは口当たりがとてもよいので、そのまま飲んでもよし、また料理にも使えます。
その他、コーヒーやお茶を飲むときの水としても使ったり、お米を炊くときにも使えます。
ただおいしいだけでなく、水道水と比べきちんとろ過・製造された上で販売されているので、栄養素もバランスよく適合されています。

クリスタルカイザーは今日本で飲料水として売れている商品ですが、この他にも口当たりのよい、バランスの取れた水は多く販売されています。
一方で、ミネラル分が多い水となると、料理には適していないのでご注意ください。
栄養素がしっかりしている分、少し苦味があり、硬い水といった印象が強いです。

こういった水は料理のみならず、お茶やコーヒー、お米を炊くときなどでも、少し渋みが残ってしまうので注意しましょう。
適切な水を適切なポイントで使い、おいしい料理を作ってください!
こちらの美味しくて飲みやすいミネラルウォーターの紹介サイトもとても参考になるかと思います。