いんりょう

ミネラルウォーターの含有成分

私たちが生活していく上で、水を飲む機会は多いと思います。
水道水から飲まれる方もいるでしょうし、コンビニやスーパーなどでミネラルウォーターを買ってきて、飲む方もいると思います。

私たちが日ごろ何気なく買っているミネラルウォーターですが、このミネラルウォーターは水道水とどういった違いがあるのでしょうか。
水道水と違って、ただおいしいというわけではなく、ミネラルウォーターは水道水とは根本的に違う飲み物なのです。

ミネラルウォーターは、大きく分けて「硬水」と「軟水」の2つの種類があります。
このうち硬水とは、ヨーロッパやアメリカなどで多く飲まれる水です、その一方で軟水は日本で多く飲まれる水となっています。

この2つの水の違いは、水の硬度の違いです。
硬度とは、水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムの量のことをさします。
簡単に言うと、硬水はカルシウムとマグネシウムの量が多く、軟水は少ないということになります。

私たちが日ごろ多く口にしているのは軟水ですので、スーパーなどに行って何の予備知識もなく、硬水のミネラルウォーターを買って飲むと、何かいつもと飲んでる水と味がおかしい、と感じるかもしれません。

硬度の少ない水は、だしや緑茶、紅茶、炊飯、コーヒーなどにおすすめです。
高いものになると、スポーツ後のミネラル補給などに使われます。
また食欲増進効果のあるものも存在します。

水の中に含まれる成分で代表的なものは、歯や骨を強くするといわれている「カルシウム」と、カルシウムの吸収を助ける「マグネシウム」のほか、
体の細胞や血液を適正な値にしてくれる「カリウム」と「ナトリウム」、糖尿病や脂質の代謝に有効な「バナジウム」などがあります。

水は簡単なように思えて、実は奥が深い飲み物なのです。
飲み水のほか、お米を炊くときやお茶やコーヒーに使われるときもあります。
普段何気なくミネラルウォーターを使用されている方は、これを機に一度硬度を意識して使用されてみてはいかがでしょうか。
ウォーターサーバーペットボトル用でみなさんもミネラルウォーターを始めてみませんか。